いろんな風俗を把握しよう

日本と異なる部分がある

お金をもらって性行為をすることが基本的に禁止されている国でも、ある地域だけ例外として認められている場合があります。 国では売春を禁止していますが、きちんと欲を満たせるように例外として売春を認める州を作っているので、欲求不満になることはありません。

国の中でもいろんな決まりがある

日本では、風俗に関して厳しい決まりがあります。
ですから経営する側は、違反しないように気を付けなければいけません。
知らないでルール違反をした場合も、処罰の対象になってしまいます。
日本以外の国にも、もちろん風俗の文化があります。
性欲は、人間の3大欲求の1つだと言われるので抑えるのが難しいです。
無理に我慢するよりも、適度に風俗を利用して欲求を発散させた方が良いです。
海外の風俗店を見ると、本番行為ができるお店が多いことが分かります。

日本の風俗店のほとんどは、本番行為が禁止されているので初めて知った人は驚くと思います。
それは、風俗に関する法律が異なるからです。
そもそも日本で風俗店で本番行為が禁止されている理由は、お金をもらって身体を売る行為が禁止されているからです。
それは、売春という行為に含まれてしまいます。
1958年に、日本で売春を禁止する法律が誕生しました。
それ以来、個人でもお店でも本番行為をしたら法律違反になるので、厳重な処罰を受けます。

しかし海外を見れば、売春を法律で禁止している国は少ないです。
ですからお金をもらって性行為をすることは、何も問題ではありません。
売春が、1つのサービスとして受け入れられています。
国が違うと、風俗に関する考え方も変わります。
海外に行った時に、違いに驚かないように日本との違いを勉強しておきましょう。
実際に海外の風俗店に行く機会があれば、訪れて体験するのがおすすめです。

風俗が盛んな国も存在する

日本とは全く異なり、風俗が盛んな国があります。 そのような国は、お金をもらって性的なサービスをすることを国が認めています。 ですから街の至るところで、風俗店を見かけます。 ブラジルやタイは、特に風俗に関して寛容な国です。 風俗店が、観光地になっていることもあります。

風俗が禁止される国

勝手に風俗店を経営することは禁止されていても、許可を受ければ大丈夫という国があります。 シンガポールは、許可制の国です。 もしシンガポールに行って風俗店を利用することになったら、許可を受けているのか調べてください。 許可を受けていない風俗店を利用してはいけません。